最新事例/SVシリーズ
ホーム > 製品サポート > 最新事例/SVシリーズ
☆最新事例/2016年9月更新

2016年9月現在までの最新の開発事例などをご紹介いたします。

開発案件と今後の予定
開発が終了した機能のご紹介と、現在開発中の機能と製品についてご紹介いたします。


☆2016年8月までの開発終了機能と商品
モニターボード:SVM-03-MIPI 2016年8月完成
SVM-03
 モニターボードSVM-03-MIPIは、パラレル画像用SVM-03のMIPI版です。MIPIインタフェース画像をHDMIモニターもしくはUVC(USB3.0/PC)に出力する為の装置です。
 ハード的にはSVM-03とSVI-MIPIを1枚にしました。SVI-MIPIボードとピン互換ですので、SVI-MIPI用の接続ボードがそのまま使用できます。
 SVM-03-MIPIボードへの電源供給は、USB3.0コネクタ経由で電源供給します。パソコンの無い場合は、USB-ACアダプタをご使用ください。

●MIPI入力:SVI-MIPIボードとピンアサイン互換
 ⇒MIPI入力形式
 ☆1レーン&2レーン:各1Gbps、4レーン:各650bps
●ボード上DIPスイッチによりレーン数を切り替え
 ☆画タイプ:YUV4:2:2-8&16ビット、RAW-10&12ビット
  ●アプリソフトスイッチによりピクセルフォーマットを切り替え
⇒MIPIインタフェース(PHY)
 ☆MIPI準拠時:METICOM社MC20901搭載
 ☆MIPI互換時:ディスクリート部品で構成

HDMI変換ボード:SVO-03U&P 2016年6月完成
SVM-03
 HDMI、DVI画像専用のSVOです。HDMIモニターから入力された画像を、PCもしくはパラレルデータとして出力できます。切り替えは、ボード起動時にDIPスイッチで切り替えられます。
 このボードは画サイズの変更等は対応できません。カスタム化の場合は、SVO-03ボードで対応いたします。

●取扱画像
 ⇒720P(1280×720)、1080P(1920×1080)
●PC出力モード
 ⇒720P-30fps&60fps
 ⇒1080P-30fps&60fps
●パラレル出力モード
 ⇒720P-30&60fps、1080P-30fps
●希望販売価格:125,000円(消費税別)
イメージ・レコーダー:SVI-07:デュアルブート機能 2016年7月完成
SVM-03
 高速入力版SVI-07に、SVI-06動作モードを追加しました。
デュアルブート機能により、
SVI-06動作モードに変更できます。ボード起動時にDIPスイッチにより両モードの切り替えができます。これにより、SVI-06のアプリケーションソフトが活用できるようになりました。

●デュアルブート機能:SVI-06モード切替(DIPスイッチ)
●FPGA動的再配置:ユーザーロジック取込み(オプション)
●デジタル画像のリアルタイム表示と保存
  ⇒表示例:1080P(1920×1080)60fps
  ⇒保存例:1080P(1920×1080)60fps以上
●ターゲットインタフェース:8~32ビット:YUV、RGB、Rawデータ(ベイヤーデータ)etc.
●希望販売価格:198,000円(消費税別)

☆開発中の案件(予定含む)

SVM-03-MIPI評価状況
SVM-03
 SVM-03-MIPI ボードを、各種カメラでテスト中です。
 このボードは、PHY-ICを搭載したMIPI準拠タイプと、ディスクリート部品を搭載したMIPI互換タイプがあります。ボードは同じで部品実装時に、どちらの部品を実装するかで構成が変更できます。MIPI互換タイプの場合は、MIPIセンサー側にドライブ能力が無いと動作しない場合が考えられます。
 手持ちのMIPIセンサーではどちらも安定動作したので、 Raspberry Pi Cameraを購入してテストしてみました。このカメラも、MIPI準拠、互換どちらのタイプでも安定動作しています。
 接続基板は手半田で、設定ファイルはRaspberry Piからカメラ設定ファイルを取り出してカメラ設定しました。
 出力は3280x2464-Raw10で 15fps 出ました。綺麗な画像なのでSVM-03-MIPIボードのデモに使用できそうです。カメラ接続写真を添付しておきます。
●MIPI入力センサー確認状況
 ⇒Raspberry Pi Camera Module V2 カメラモジュール (Daylight - element14)
 ⇒S社MIPI-2レーンRAW出力センサー他
車載カメラ用インタフェースボード:FPDLinkⅢ、GMSL
SVM-03
 FPDLinkⅢインタフェースボードNV012A(同軸タイプ)に引き続き各種開発中です。
 全て受託開発になりますので、お問い合わせください。
●FPDLinkⅢインタフェースボード:差動タイプ
●GMSLパラレルピン変換ボード:MAXIM社評価ボード接続用(送受信)
●GMSLインタフェースボード:MAXIM社IC搭載ボード(受信側)


イメージ・レコーダー:SVI-09開発状況
SVM-03
 Artix-7版SVI-09に、SVシリーズの機能を移植中です。
●UVCモード:6月末完成
 ⇒SVM-03のUVCモードと同様の機能です。
 ⇒複数カメラにて画像確認済みです。
●SVI-07機能モード:8月末完成
●SVO-03機能モード:10月末完成予定





■ 最新の更新ページはこちらから
☆最新事例/2018年1月更新(MIPI入出力/FPDLinkⅢ) ☆最新事例/2017年7月更新(SVM-MIPI最終バージョン) ☆最新事例/2017年3月更新(車載カメラ複数チャネル同期) ☆最新事例/2016年12月更新(SerDes接続基板-FPDLinkⅢ&GMSL) ☆最新事例/2016年9月更新(SVM-03-MIPI、SVO-03U&P、RasPiカメラ) ☆最新事例/2016年5月更新(SVM-03、SVO-03新機能追加他)

注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります