最新事例/SVシリーズ
ホーム > 製品サポート > 最新事例/SVシリーズ
☆最新事例/2018年7月更新
2018年7月現在までの最新の開発事例などをご紹介いたします。

☆2018年7月までの開発終了機能と商品

■ MIPIジェネレーターSVO-03-MIPI:2018年6月
SerDes環境の高速化、低消費電力化に対応したSVO-03のMIPI出力版、SVO-03-MIPIが完成いたしました。
基本機能は、SVO-03と同様です。AVIプログレッシブファイルとSVシリーズ独自フォーマットFRMファイルを使用します。アプリ側もバージョンアップしております。SVO-03-MIPIでは、画サイズ、フレームレートを指定するだけで、クロック、ブランキング等を自動で設定します。詳細は弊社HPのSVO-03-MIPIページ後段にあるマニュアルをご参照ください。
SVO-03-MIPIからは、FPGAをSpartan-6からArtix-7に移行しております。これによりFPGA容量が大きくなったため、カスタマイズも容易になっております。
■SVO-03-MIPI基本機能
●PCモード:PC保存画像をMIPIポートに出力
●出力規格:MIPI CSI-2 映像信号(1~4 Lanes)
⇒Supports up to 4 Lanes at 1Gbps
⇒CSI-2 Clock Rates From 100MHz to 500MHz
⇒有効画素データレート: up to 2.4Gbps
⇒出力ピクセルフォーマット: YUV4:2:2-8bit, Raw10, Raw12
■SVO-03-MIPI機能追加:随時
●出力ピクセルフォーマット
RAW20、RGB24、RAW8
●HDMIモード(オプション:受託開発)
⇒HDMI画像をMIPIポートに出力

URL:http://www.net-vision.co.jp/product/svo-03-mipi.html
■ FPDLinkⅢ用SerDesボード:2018年6月 
MIPIジェネレーターSVO-03-MIPI用にFPDLinkⅢ-DS90UB953ボード FPO-953-Fを開発。MIPIモニターボードSVM-MIPI用に FPDLinkⅢ-DS90UB954ボード FPI-954-Fを開発しました。
これでパラレル用のSVO-03+ DS90UB913Aボード FPO-913A-F、SVM-03&SVI-06+DS90UB914Aボード FPI-914A-Fと併せて、MIPI、パラレル両方に対応するラインナップが揃いました。
各ボードの詳細は、下記ページ後段のマニアルをご参照ください。

URL:http://www.net-vision.co.jp/product/serdes-if.html
また、GMSL関係のSerDesボードも個別に開発しております。MAXIM社のSerDesは種類が多い為、標準で開発することが難しく、個別対応になっております。
■製品紹介動画
 製品紹介動画を追加いたしました。現在は下記の3項目の動画を用意いたしました。製品使用時の動作方法確認の手助けになるかと考えております。

実走行エミュレーション/FPD-LinkⅢ&CAN(新規追加)
●パラレルレコーダー:SVI-06/USB3.0
●HDMI&USB3.0によるマルチ入出力ソリューション:SVO-03

URL:http://www.net-vision.co.jp/support/video.html

☆開発中の案件(予定含む)

■ パラレルレコーダーSVI-09:2018年8月完成予定
 パラレルレコーダーSVI-06の後継機種、SVI-09が完成間近です。SVI-09基板は2017年初旬に完成していたのですが、社内工数がなくFPGA移植に手間取っていました。
7月時点でほぼ動作確認は終了しております。
これに伴いまして、SVI-06は販売終了となります。SVI-06で使用しているSPI-ROM等が入手困難となっており、ラストバイは本年9月を予定しております。
パラレルレコーダーSVI-09の価格は、198,000円を予定しております。
SVI-09はボード完成後、標準品としての販売はしておりませんでしたが、受託開発としては数十枚の販売実績が有ります。
 SVI-09ボードは、外部インタフェースとしてLVDS100ピンコネクタ、パラレル60ピンコネクタを実装しておりますので、SVI-06では出来なかったことが実現できます。使用実績としては、MIPI-4レーン-2CH入力、イメージジェネレーターSVOとしての使用、画サイズ変換などの使用実績が有ります。初期不良は無いと考えておりますので安心してご使用ください。
SVI-06でご使用になっていた、アプリケーションソフト、周辺機器、カメラは全てそのまま使用できます。不具合が有った場合は、無償で対応いたします。
■ SVI-09の概要
●DIPスイッチによるモード切り替え
⇒LVDS入出力モード:LVDSポートからの入出力
⇒パラレル入出力モード:パラレルポートからの入出力
●入出力仕様
⇒LVDS入出力ポート16bit(LVDS or Sub-LVDS)
⇒パラレル入出力ポート 8~32bit
⇒USB3.0入出力ポート:USB3.0、USB2.0動作付加機能
●動的部分再構成(Dynamic Partial Reconfiguration) 対応
●電源供給
⇒USB3.0電源、スマホ用ACアダプタ、5V電源ピン

ブロック図等
SVI-09専用ページはこれから作成いたします。下記の「SVシリーズを使用した受託開発」ページ中程にブロック図等有りますのでご参照ください。

URL:http://www.net-vision.co.jp/solution/dvip.html
SVシリーズ_ロードマップ

パラレルレコーダーSVIシリーズ、パラレル&MIPIジェネレーターSVOシリーズ、モニターボードSVMシリーズのロードマップを作成しました。

URL:http://www.net-vision.co.jp/dl/sv-roadmap.pdf




■ 過去の更新ページはこちらから
☆最新事例/2018年1月更新(MIPI入出力/FPDLinkⅢ) ☆最新事例/2017年7月更新(SVM-MIPI最終バージョン) ☆最新事例/2017年3月更新(車載カメラ複数チャネル同期) ☆最新事例/2016年12月更新(SerDes接続基板-FPDLinkⅢ&GMSL) ☆最新事例/2016年9月更新(SVM-03-MIPI、SVO-03U&P、RasPiカメラ) ☆最新事例/2016年5月更新(SVM-03、SVO-03新機能追加他)
注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります